NO.3へ
NO.2へ
HOME OF HOMEPAGE へ戻る
六花TOPに戻る
岡田和也Kадзуя_Oкада
アムール、冬日幻想


太陽と白い地平がふれあうとき

あらゆるもののうしろに影がのびる

無のようにはてしなく

有のようにあたたかく

永遠のようにしずかな影

影のさきはみえないけれど

かすかにきこえてくる

かぎりなく無言にちかいだれかのささやき


Амур. Зимние грёзы.


В миг соприкосновения солнца и белого гаризонта

За спиной каждого уходит тень.

Тень беспредельная, какнет.

Тень тёплая, какесть.

Тень тихая, как вечность.

Края тени не видно,

Но едва слышно чьё-то шептание, 

Бесконечно близкое к молчанию.


17.11.2002

はじめまして。1989年10月27日にロシヤ極東のハバーロフスクに移り住んで、井蛙のように暮らしている、岡田和也と申します。真達さんから「シベリヤ私信」のお話を戴いてから、長い年月が流れています。なんとか年内に、と思いつつ、年が明けてしまいましたが、一年の計は元旦にあり、まだ酒を飲み継いでいないすきまをぬって、鍵をたたいております。今回、お送りさせていただきますのは、十数年の私のロシヤ暮らしが結んだ滴のような、他愛のない詩らしきものです。よろしかったら、ご覧になってください。
シベリヤ私信 NO.1 (01.01.'03)
Часная  корреспонденция  из Сибири








































































 











広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー